4月19日は「地図の日」

4月19日は「地図の日」。寛政12(1800)年の旧暦4月19日、日本全土の実測地図を作製した江戸時代後期の測量家・伊能忠敬が蝦夷地(北海道)の測量に出発しました。上総出身の商人であった伊能忠敬、隠居後の第二の人生をかけた一大事業は、足かけ17年にも及びました。完成した「大日本沿海輿地全図」(通称「伊能図」)は、その正確・緻密さのために、国防上の観点から流出を恐れられ長らく秘蔵されていたほど。近代の行政地図も、この伊能図をもとに作成されています。

 

This program is presented by ethica.
ethica(エシカ)は、
読者の皆様のコミュニケーション彩るコンテンツを提供し、
豊かな毎日を応援します。

 

~私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)
Presented by imperfect
Presented by imperfect
プレスリリース
ご送付先
DOWELL編集部
(ethicaブランドスタジオ内)

TEL 03-3440-2440

FAX 03-6701-7607

Email dowell@transm.co.jp

次の記事

4月20日は「女子大の日」
4月18日は「お香の日」

前の記事