一緒に世界をもっと明るく幸せに、そしてサステナブルに(前編)/ハローキティ
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
一緒に世界をもっと明るく幸せに、そしてサステナブルに(前編)/ハローキティ

FANTASTICS from EXILE TRIBEの佐藤大樹さん、堀夏喜さんが、「Do well by doing good. いいことをして世界と社会をよくしていこう!」という活動に取り組む企業や団体を訪問するこちらのコーナー。今回は、株式会社サンリオの本社に、世界中で愛されているキャラクター、ハローキティを訪ねました。実はキティちゃんは2018年夏に『ハローキティチャンネル』で、ユーチューバーデビュー。コンテンツのひとつとしてSDGsの達成を応援するシリーズ動画を配信しています。さらに2019年9月には国連との協働もスタートしました。なぜキティちゃんは、このような取り組みを始めようと思ったのか。堀夏喜(ほり・なつき)さんがお話をうかがいました。

活動の幅を広げるために、ユーチューバーデビュー

堀さん: 国籍も世代も超えて愛されているキティちゃんですが、あらためて自己紹介をお願いします。

キティちゃん: わたしの名前は、キティ・ホワイト。11月1日生まれです。身長はりんご5個分で体重はりんご3個分。クッキーを作ったり、ピアノを弾くのが大好きで、夢はピアニストか、詩人になることです。音楽と英語が得意で、好きな食べ物は、ママが作ったアップルパイ。双子の妹ミミィとは大の仲良しです。

堀さん: 4人家族なんですね!

キティちゃん: はい。あと近所には絵を描くことが趣味のおじいちゃんと、刺繍をするのが大好きなおばあちゃんも住んでいます。

堀さん: 家族の仲がよくて、毎日が楽しそうですね。

2018年にはユーチューバーデビューしていますが、もともとYouTubeに興味があったのですか?

キティちゃん: はい。実はずっと、みんなのことをもっと知りたいのと同時に、わたしのことももっと知ってもらいたいと思っていたんです。わたしはいつも“やりたいことは全部やろう”と考えていて、それで、YouTubeを始めたらもっとみんなと近づけるんじゃないかなと思いました。

そこで、2018年の8月に『ハローキティチャンネル』をスタートして、それ以来、毎週いろいろな動画を配信しています。好きなことを熱く語ったり、みんなからもらったコメントにお返事したり、あとはゲストとコラボレーションしたり……。たまに、ミミィやボーイフレンドのダニエルも出てくれます。

こんな風に、わたしがいろいろなことにチャレンジしていく様子を見て、「自分もやってみよう」「諦めずに挑戦しよう」という気持ちになってくれたら嬉しいです。

堀さん: なるほど。ちなみに熱く語った好きなことって何ですか?

キティちゃん: 大好きなアップルパイのこととか(笑)。実はいつか『M-1グランプリ』に出たくて、ミミィと漫才に挑戦したこともあるんです。

『ハローキティチャンネル』で、SDGsの応援動画を配信

堀さん: キティちゃんは、本当にチャレンジャーですね! その『ハローキティチャンネル』では、SDGsを応援する動画を配信していると聞きました。どんなことがきっかけで、そのような内容の動画配信を始めたんでしょう?

キティちゃん: もっとみんなにわたしの思いを発信していきたいと思って、YouTubeを始めたとお話しましたが、そのとき、みんなと一緒に、大切なことを考えていけるようなこともやっていきたいなと思ったんです。

いま、お話のあった活動は『#HelloSDGs』と呼んでいます。はじめましての人には、まず笑顔で「ハロー」と話しかけるけれど、そのときと同じような気持ちで、SDGsのことをよく知らない人や、難しくてとっつきにくいなと思っている人に向けて、「わたしと一緒に、SDGsにハローしてみましょう!」という気持ちを込めています。

堀さん: なるほど。確かに「ハロー」という言葉なら身近に感じられるし、参加しやすい気持ちになりますね。

キティちゃん: わたしもまだそういった問題に気づいたばかりで、わからないことを調べたり聞きに行ったり……。まだまだ勉強しなくちゃいけないことがたくさんあるんです。

堀さん: 実は僕は昨年の夏から、CBCテレビ『チャント!』の『ワクワク!カンパニー』というコーナーで、環境や社会をよくする活動に取り組んでいる企業のレポートをしていますが、最初はそのようなことにほとんど知識がない状態だったから、すごくキティちゃんの気持ちが分かります。僕たちまさに同志ですよね!

キティちゃんががんばっている様子を見たら、みんな間違いなく応援しようっていう気持ちになるでしょう。ところで現在コロナ禍でなかなか困難な状況ですけれど、どのような活動をしているんですか?

キティちゃん:  以前は世界中で活動をしている人たちを応援したり、お話を聞くために何度も海外に出かけていたんですが、残念ながら、今はちょっと難しいです。だからできる範囲でやれることをやろうと思っています。昨年の10月には『ハローキティのコメント返し』という動画シリーズで、SDGs編をやりました。

堀さん: 反響はどうでしたか?

キティちゃん: SDGsの意味を教えてほしいといったシンプルなものから、「具体的にはどうしたらいいの?」みたいなアグレッシブなものまで、いろいろなコメントが届きました。 SDGsについて真剣に考えているみんなの想いが伝わってきて嬉しかったし、そんなみんなと一緒に力を合わせていけるんだって思ったら、とても心強く感じました。

ちなみに、現在チャンネル登録してくれている人は、約27万人です。目標の30万人を達成したら、お祝いしようと考えています!

堀さん: あと3万人ですね。きっと達成できますよ!

ユーチューバーとして活動を始めた思いを語ってくれたキティちゃん。後編では、世界に広がるキティちゃんの活動について、堀さんがお話を聞いていきます。

 

(後編)を読む>>>

©’21 SANRIO 著作(株)サンリオ

いいことをして、この世界をよくしていこう。~ DOWELL(ドゥーウェル)~
www.dowellmag.com

ethicaブランドスタジオ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
キャッサバ栽培を通じて「女性の平等」実現をサポート
sponsored 【 2021/4/1 】 Action
この4月1日、「Do well by doing good.」活動で実行するプロジェクトをお客様に決めていただく「投票」のシーズン3がスタートしました!生産者の自立や環境保全につながるプロジェクトに簡単に参加できる「投票」は、「imperfect表参道」がオープンした2019年7月から始まり、同7月から2020年3月に...
「不完全な」この世界。だから、いいことをして世界と社会をよくしていこう。
sponsored 【 2019/7/1 】 Action
DOWELLへのプロローグ 私たちの生きる世界は「不完全」です。 そして、そうであるからこそ、人は完璧や究極を求めます。   では、無農薬栽培が正義で、減薬栽培は悪なのでしょうか? 審査会で100点を取ったコーヒーはおいしくて、90点のコーヒーはまずいのでしょうか? 果汁100%は本物で、果汁99%はニセモノ...
コーヒー農家が安定したコーヒー栽培を続けるために
sponsored 【 2021/4/1 】 Action
この4月1日、「Do well by doing good.」活動で実行するプロジェクトをお客様に決めていただく「投票」のシーズン3がスタートしました!生産者の自立や環境保全につながるプロジェクトに簡単に参加できる「投票」は、「imperfect表参道」がオープンした2019年7月から始まり、同7月から2020年3月に...
Presented by imperfect
Presented by imperfect
プレスリリース
ご送付先
DOWELL編集部
(ethicaブランドスタジオ内)

TEL 03-3440-2440

FAX 03-6701-7607

Email dowell@transm.co.jp

次の記事

(第11話)春の息吹を感じる季節に ビスコッティのレシピ/門倉多仁亜 【連載】あなたの「おいしい」が、だれかの「うれしい」に
ワクワクしながら社会課題の解決に取り組んでいきたい(前編)/俳優・小関裕太さん、兵頭功海さん 【Cover Story】ひろがる「楽しい」ソーシャルアクション!

前の記事