「世界に誇れる日本の美しさを大切に! できることからはじめよう」(後編)/大谷亮平さん
独自記事 【 2021/6/15 】 Voice
大谷亮平さんと言えば、韓国を拠点にモデル・俳優として活躍していたことでも知られています。起用された「ダンキンドーナツ」のCMが評判となり、その後も数々のドラマや映画に出演。韓国映画のデビュー作『神弓—KAMIYUMI—』はその年の興行成績1位という快挙。この大ヒットを受けて3年後に公開された正統派時代劇『バトル・オーシャン/海上決戦』は韓国歴代観客動員数1位となり、その記録はいまなお破られていません。 日本でも韓国映...
「世界に誇れる日本の美しさを大切に! できることからはじめよう」(前編)/大谷亮平さん
独自記事 【 2021/6/1 】 Voice
寡黙な料理人、誠実なボディーガード、ハードボイルド系のダークヒーローなど、多彩な演技でファンを魅了する大谷亮平さんは、韓国でモデル・俳優としてデビューし、2016年から日本を拠点に活動を開始。ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』や『まんぷく』など次々と話題作に出演し、瞬く間に人気俳優としての地位を確立しました。そこで、いま注目の人である大谷さんに、現在出演中のドラマの話をはじめ、小学4年生からプロを目指して取り組んだバレ...
「環境問題が気になる」等身大のインフルエンサー(後編) /3時のヒロインさん
独自記事 【 2021/5/15 】 Voice
お笑い界を席巻する「お笑い第7世代」の中で、ポップでキュートなガールズトリオとして人気を博す「3時のヒロイン」。お笑いはもちろん、女優や情報番組のコメンテーターなど多彩な活躍で、テレビで見ない日がないほどの存在感です。そんな彼女たちですが、突然売れたことへの戸惑いがあったり、それぞれに気になっていることがあったり……。後編では、そんな、等身大の3人に迫ります。 (文責:DOWELL編集部・中津海麻子)
「環境問題が気になる」等身大のインフルエンサー(前編) /3時のヒロインさん
独自記事 【 2021/5/1 】 Voice
お笑い界を席巻する「お笑い第7世代」の中で、ポップでキュートなガールズトリオとして人気を博す「3時のヒロイン」。結成わずか2年で、テレビで見ない日がないほどの存在になった3人ですが、競争の激しい芸能界にあって、これはまさに「お笑いシンデレラストーリー」といえる快挙です。今回はそんな彼女たちに、お笑いを目指した理由、3人が出会ったきっかけを伺いました。 (文責:DOWELL編集部・中津海麻子)
ワクワクしながら社会課題の解決に取り組んでいきたい(後編)/俳優・小関裕太さん、兵頭功海さん
独自記事 【 2021/3/15 】 Voice
アミューズに所属する若手俳優によるユニット「チーム・ハンサム!」。それぞれがドラマや映画などで活躍しながら、チームとしてさまざまな活動に取り組んでいますが、新たに挑戦しているのが「サステナビリティ」を学んだり、体験したりする活動です。そこで後編では、小関裕太さん、兵頭功海さんのお二人に、環境や社会課題への取り組みについてお話をうかがいました。 (文責:DOWELL編集部・中津海麻子)
ワクワクしながら社会課題の解決に取り組んでいきたい(前編)/俳優・小関裕太さん、兵頭功海さん
独自記事 【 2021/3/1 】 Voice
アミューズに所属する若手俳優によるユニット「チーム・ハンサム!」。メンバーは、ドラマや映画などで活躍しながら、チームとしてもさまざまな活動に取り組んでいます。その一例が、2021年のバレンタインデーに「imperfect表参道」とコラボレーションして進めた、農家や環境に配慮した原材料で作られたオリジナルチョコレートの開発。そのように、環境や社会課題について関心の高い「チーム・ハンサム!」のメンバーの中から、小関裕太さ...
地方から日本を変える!『イナズマロック フェス』11年間の軌跡(後編)/アーティスト・西川貴教さん
独自記事 【 2021/2/15 】 Voice
“水の未来に、声を上げろ。”をスローガンに、滋賀県出身の西川貴教さんが主催する野外音楽フェス『イナズマロック フェス』。「滋賀ふるさと観光大使」に就任した西川さんの地元への想いを糧に、琵琶湖の環境保全と地方創生をキーワードに2009年より毎年開催されてきたイベントで、2020年で12回目を迎えました。そこで、このイベントに込めた両親への感謝の気持ちと新しい“家族”との出会い、そして50歳を迎えた西川さんの新たなる挑戦...
地方から日本を変える!『イナズマロック フェス』11年間の軌跡(前編)/アーティスト・西川貴教さん
独自記事 【 2021/2/1 】 Voice
“水の未来に、声を上げろ。”をスローガンに、滋賀県出身の西川貴教さんが主催する野外音楽ライブ『イナズマロック フェス』。琵琶湖の環境保全と地域創生をキーワードに2009年より毎年開催され、2020年で12回目を迎えました。地元・滋賀県に恩返しをしたいという強い想いが起点となり、西川さん自身が行政や地域の人たちと一緒になって創り上げてきました。アーティストとして幅広い分野で活躍する一方で、『滋賀ふるさと観光大使』として...
1 / 5123...»
Presented by imperfect
Presented by imperfect
プレスリリース
ご送付先
DOWELL編集部
(ethicaブランドスタジオ内)

TEL 03-3440-2440

FAX 03-6701-7607

Email dowell@transm.co.jp

次の記事

「世界に誇れる日本の美しさを大切に! できることからはじめよう」(後編)/大谷亮平さん
生産者とブランドで紡ぐストーリー/マリエさんインタビュー(前編) 【Cover Story】わたしにいいこと。せかいにいいこと。

前の記事