7つのカテゴリー 注目のキーワード
ワクワクしながら社会課題の解決に取り組んでいきたい(前編)/俳優・小関裕太さん、兵頭功海さん
独自記事 【 2021/3/1 】 Voice
アミューズに所属する若手俳優によるユニット「チーム・ハンサム!」。メンバーは、ドラマや映画などで活躍しながら、チームとしてもさまざまな活動に取り組んでいます。その一例が、2021年のバレンタインデーに「imperfect表参道」とコラボレーションして進めた、農家や環境に配慮した原材料で作られたオリジナルチョコレートの開発。そのように、環境や社会課題について関心の高い「チーム・ハンサム!」のメンバーの中から、小関裕太さ...
一緒に世界をもっと明るく幸せに、そしてサステナブルに(前編)/ハローキティ
独自記事 【 2021/3/1 】 Action
FANTASTICS from EXILE TRIBEの佐藤大樹さん、堀夏喜さんが、「Do well by doing good. いいことをして世界と社会をよくしていこう!」という活動に取り組む企業や団体を訪問するこちらのコーナー。今回は、株式会社サンリオの本社に、世界中で愛されているキャラクター、ハローキティを訪ねました。実はキティちゃんは2018年夏に『ハローキティチャンネル』で、ユーチューバーデビュー。コンテ...
(第11話)春の息吹を感じる季節に ビスコッティのレシピ/門倉多仁亜
独自記事 【 2021/3/1 】 Food
最近、日本でも「イースター」という言葉を聞くようになりました。イースターとはイエス・キリストの復活をお祝いする祝祭。キリスト教文化圏においては、1年で最も重要な祝日とされています。 しかし、実はイースターとは、キリスト教が広まる前から北ヨーロッパにあった土着の宗教の行事のひとつ、春の訪れを讃えるお祭りに由来しているのです。長い冬が終わりをむかえ、春になると、地面を覆っていた雪が溶けて、土中に眠っていた球根が芽吹き始め...
チーム・ハンサム!と一緒に取り組む「Do well by doing good.」 オリジナルチョコレートを開発! 「imperfect表参道」とECショップで発売中
独自記事 【 2021/3/1 】 Event
2021年のバレンタイン、アミューズ所属の若手俳優によるユニット「チーム・ハンサム!」と「imperfect表参道」がコラボ! チーム・ハンサム!のメンバーが考えたバレンタインオリジナルチョコレートが完成しました! こちらの商品は2月23日まで「SHIBUYA109渋谷店」と、「SHIBUYA109阿倍野店」の施設内ポップアップストアで発売されましたが、現在「imperfect表参道」の店舗とimperfectのEC...
地方から日本を変える!『イナズマロック フェス』11年間の軌跡(後編)/アーティスト・西川貴教さん
独自記事 【 2021/2/15 】 Voice
“水の未来に、声を上げろ。”をスローガンに、滋賀県出身の西川貴教さんが主催する野外音楽フェス『イナズマロック フェス』。「滋賀ふるさと観光大使」に就任した西川さんの地元への想いを糧に、琵琶湖の環境保全と地方創生をキーワードに2009年より毎年開催されてきたイベントで、2020年で12回目を迎えました。そこで、このイベントに込めた両親への感謝の気持ちと新しい“家族”との出会い、そして50歳を迎えた西川さんの新たなる挑戦...
米ぬかを徹底的に活用して、健康や環境保護に貢献する(後編)/築野食品工業 築野富美さん
独自記事 【 2021/2/15 】 Action
FANTASTICS from EXILE TRIBEの佐藤大樹さん、堀夏喜さんが、「Do well by doing good. いいことをして世界と社会をよくしていこう!」という活動に取り組む企業や団体を訪問するこちらのコーナー。今回訪れたのは、和歌山県の紀ノ川沿いにある「築野食品工業株式会社(以下、築野食品)」。昔は廃棄されることもあった米ぬかを活用して、「こめ油」をはじめ、医薬品原料や化粧品、油脂化学製品、そ...
「imperfect表参道」と、サステナブルな服づくりを目指す「THE ME」がコラボレーション!
独自記事 【 2021/2/15 】 Event
過剰生産や大量の商品廃棄など、環境への負荷が大きいとされるアパレル業界。そのような業界の在り方に一石を投じるべく、必要とされる服を顧客一人ひとりに合わせて作る、サステナブルな服作りの取り組みを進めているアパレルブランドが「THE ME」です。その「THE ME」が、「imperfect表参道」が展開する、世界の食と農を取り巻く社会課題の解決を推進する「Do well by doing good.」活動に共感。そして今...
地方から日本を変える!『イナズマロック フェス』11年間の軌跡(前編)/アーティスト・西川貴教さん
独自記事 【 2021/2/1 】 Voice
“水の未来に、声を上げろ。”をスローガンに、滋賀県出身の西川貴教さんが主催する野外音楽ライブ『イナズマロック フェス』。琵琶湖の環境保全と地域創生をキーワードに2009年より毎年開催され、2020年で12回目を迎えました。地元・滋賀県に恩返しをしたいという強い想いが起点となり、西川さん自身が行政や地域の人たちと一緒になって創り上げてきました。アーティストとして幅広い分野で活躍する一方で、『滋賀ふるさと観光大使』として...
1 / 15123...8...»
Presented by imperfect
Presented by imperfect
プレスリリース
ご送付先
DOWELL編集部
(ethicaブランドスタジオ内)

TEL 03-3440-2440

FAX 03-6701-7607

Email dowell@transm.co.jp

次の記事

ワクワクしながら社会課題の解決に取り組んでいきたい(前編)/俳優・小関裕太さん、兵頭功海さん
令和時代のウェブマガジン「DOWELL」創刊!〜いいことをして、この世界をよくしていこう。〜

前の記事