「環境問題が気になる」等身大のインフルエンサー(後編) /3時のヒロインさん
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
「環境問題が気になる」等身大のインフルエンサー(後編) /3時のヒロインさん

お笑い界を席巻する「お笑い第7世代」の中で、ポップでキュートなガールズトリオとして人気を博す「3時のヒロイン」。お笑いはもちろん、女優や情報番組のコメンテーターなど多彩な活躍で、テレビで見ない日がないほどの存在感です。そんな彼女たちですが、突然売れたことへの戸惑いがあったり、それぞれに気になっていることがあったり……。後編では、そんな、等身大の3人に迫ります。

(文責:DOWELL編集部・中津海麻子)

「環境・社会」が気になるトピック

「女芸人No. 1決定戦THE W」で優勝を手にした「3時のヒロイン」。そこで、それまでの環境は激変したと言います。

「ダウンタウンさんの番組に芸人として呼ばれたときは、『ちっちゃいころから見てたテレビに出てる!』って、めちゃくちゃうれしかったことを覚えています」と、ゆめっちさん。

次々と舞い込む仕事のオファー。とは言え、うれしい半面、戸惑いもあったようです。

「芸人以外の仕事が増えて『売れた』と実感できたものの、全部が初めてなのに、全部が大きい仕事で……。もう、ボロが出ないように必死でしたね」と福田さん。

かなでさんは「私、すごく『緊張しい』で。いろいろな仕事が入ってくるとそのときは楽しみなのですが、実際に仕事の場に行くとガチガチになってしまって……。全然トークができず落ち込むこともありました」

そのような戸惑いも緊張も一つひとつ乗り越え、今やドラマに情報番組にと大活躍。そんな「3時のヒロイン」の3人が気になっているトピックが「環境や社会が抱える問題」だとか。

3人が所属する吉本興業はSDGsに賛同し「SDGs-1グランプリ」を開催するなど、お笑いを通じた啓発活動を展開していますが、「3時のヒロイン」も国連WFP協会(※注1)が開催する「ゼロハンガーチャレンジ~食品ロス×飢餓ゼロ~」のキャンペーン動画に出演。人気ネタの海外ドラマあるある仕立てで、食品ロスや飢餓の問題について笑いを交えながらわかりやすく紹介しています。

(※注1)飢餓と貧困の撲滅を目指すWFP(国連世界食糧計画)の、日本での公式支援窓口となっている認定NPO法人

吉本興業チャンネル(YouTube)より

「最初は一体何をしたらいいのかわからないことだらけでしたが、動画に出たりSDGsがテーマの番組に出演したりする中で、実はとても身近なことで、簡単にできることもあると知りました」とゆめっちさん。

かなでさんは「みんな、自分ができることをやればいいと思っていて。私の場合は食べることが大好きなので、『食べ残さない』ことが私と地球のハッピーにつながれば、それを見てくれた人にも伝わるんじゃないかな、って」。福田さんは「ホンマいい食べっぷりやもんなぁ」と笑い、こう続けます。

「お笑いのネタに組み込んでわかりやすく伝えることも大切ですが、今地球で何が起こっているか、そして若い私たちに何ができるかをダイレクトに伝えることが一番効果的だと考えます。スーパーやコンビニでは消費期限が早いものを買う、マイボトルを持参するなど、まずは自分たちができることから取り組んでいきたいですね」

自分たちの姿を通じて伝えていきたいこと

最後に3人に、それぞれの「Do well by doing good.」なことを聞いてみました。

左から、ゆめっちさん、福田麻貴さん、かなでさん

「おしゃれなデザインのマイバッグや紙パックの水など、私たち世代に刺さるエコグッズがたくさんあります。そういうのを積極的に選び、エコもおしゃれも満喫しながら気持ちよく使っていくことが、私にも社会にとってもいいことなのかな、と思っています」と福田さん。

福田麻貴さん

かなでさんは「楽しく食べること!」。その中で、環境や社会課題を気にするようになってから始めたことがあるのだとか。「これまでも日々食べたものをSNS用に撮っていたのですが、最近、食べ終わったあとの食器も撮影しています。米粒ひとつ残さないのが自慢なのでフードロスは無いし、私は美味しくて楽しい! それが写真から伝わればいいな」

かなでさん

自称「お笑い界のファッションリーダー」で、たくさんの洋服を持っているというゆめっちさんは、「着なくなった洋服を捨てることは簡単ですが、愛していた服、かわいい服がゴミになっちゃうのが悲しくて。私自身、古着屋さんに引き取ってもらっているのですが、みんなが洋服を大切にしてリサイクルすれば、世界中の人がおしゃれを楽しめるんじゃないかなぁ、って」。福田さんも以前は洋服を捨てていたそうですが、ゴミゼロをテーマにした番組に出演したことをきっかけに「今は、着なくなった服は全部寄付するようになりました」

ゆめっちさん

知ること、実践すること、自分たちの姿やネタを通じて発信し伝えることーー。おしゃれ好き、食べることも大好きという等身大のインフルエンサー、「3時のヒロイン」の皆さん。お笑い界でも「Do well by doing good.」な活動を広げていってくれることでしょう。

(前編)を読む>>>

いいことをして、この世界をよくしていこう。~ DOWELL(ドゥーウェル)~
www.dowellmag.com

ethicaブランドスタジオ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
キャッサバ栽培を通じて「女性の平等」実現をサポート
sponsored 【 2021/4/1 】 Action
この4月1日、「Do well by doing good.」活動で実行するプロジェクトをお客様に決めていただく「投票」のシーズン3がスタートしました!生産者の自立や環境保全につながるプロジェクトに簡単に参加できる「投票」は、「imperfect表参道」がオープンした2019年7月から始まり、同7月から2020年3月に...
「不完全な」この世界。だから、いいことをして世界と社会をよくしていこう。
sponsored 【 2019/7/1 】 Action
DOWELLへのプロローグ 私たちの生きる世界は「不完全」です。 そして、そうであるからこそ、人は完璧や究極を求めます。   では、無農薬栽培が正義で、減薬栽培は悪なのでしょうか? 審査会で100点を取ったコーヒーはおいしくて、90点のコーヒーはまずいのでしょうか? 果汁100%は本物で、果汁99%はニセモノ...
コーヒー農家が安定したコーヒー栽培を続けるために
sponsored 【 2021/4/1 】 Action
この4月1日、「Do well by doing good.」活動で実行するプロジェクトをお客様に決めていただく「投票」のシーズン3がスタートしました!生産者の自立や環境保全につながるプロジェクトに簡単に参加できる「投票」は、「imperfect表参道」がオープンした2019年7月から始まり、同7月から2020年3月に...
Presented by imperfect
Presented by imperfect
プレスリリース
ご送付先
DOWELL編集部
(ethicaブランドスタジオ内)

TEL 03-3440-2440

FAX 03-6701-7607

Email dowell@transm.co.jp

次の記事

持続可能なエネルギーを選んで、もっと「Do well by doing good.」な毎日に! MCリテールエナジー株式会社 新規事業部 部長 小野寺伸さんインタビュー
今すぐ食べたい! サステナブルな大人のスイーツ&ドリンク新発売! 6月は環境月間。「imperfect表参道」から“美味しくて世界にいいコト”始めませんか?

前の記事