エシカルなライフスタイルを実践しSDGsを推進していく(後編)/ ファッションモデル・冨永愛さん
独自記事 【 2020/9/1 】 Voice
17歳でニューヨークコレクションにデビュー。以降、世界の第一線でトップモデルとして活躍されてきた冨永愛さん。2019年には消費者庁からの要請を受け、『エシカルライフスタイルSDGsアンバサダー』に就任するなど、サステナビリティ活動にも積極的に取り組んでいます。前編に引き続き、後編では、海外での活動やファッション業界におけるエシカル、サステナビリティについてお話いただきます。
エシカルなライフスタイルを実践しSDGsを推進していく(前編)/ ファッションモデル・冨永愛さん
独自記事 【 2020/9/1 】 Voice
17歳でニューヨークコレクションにデビュー。以降、世界の第一線でトップモデルとして活躍されてきた冨永愛さん。現在ではモデル・女優のほか、テレビやラジオ、イベントのパーソナリティなどさまざまな分野で活躍。さらに、社会貢献活動や日本の伝統文化を国内外に伝える活動にも取り組まれています。そして2019年には消費者庁からの要請を受け、『エシカルライフスタイルSDGsアンバサダー』に就任。そこで今回は、ご自身が啓蒙を進めている...
難民支援活動の輪を広げていきたい【後編】 アーティスト/ギタリスト MIYAVIさん
独自記事 【 2020/8/1 】 Voice
“サムライギタリスト”として世界から高い評価を受けているアーティスト・MIYAVI(みやび)さん。難民問題に積極的に取組み、日本人初の「国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)」親善大使にも任命されました。後編では、MIYAVI さんが親善大使としてどのような活動をしているのか、また、どうしたらよりよい社会をつくっていくことができると思うか、お話を伺っていきます。
難民支援活動の輪を広げていきたい【前編】 アーティスト/ギタリスト MIYAVIさん
独自記事 【 2020/8/1 】 Voice
“サムライギタリスト”として、世界から高い評価を受けているアーティスト・MIYAVI(みやび)さん。実は音楽活動以外にも、日本人初の「国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)」親善大使として、難民支援問題に取り組んでいます。2020年6月20日の『世界難民の日』に、UNHCRのYouTube公式チャンネルで特別配信された『UNHCR WILL2LIVE Music 2020』では、メインパーソナリティーを担当しました。...
SDGsを達成して、ハッピーな未来につなげたい / FANTASTICS from EXILE TRIBE 佐藤大樹さん(後編)
独自記事 【 2020/7/1 】 Voice
CBC(中部日本放送)テレビの情報ワイド番組『チャント!』」にて、7月より新コーナー『ワクワク!カンパニー!Do well by doing good!』がスタート。中部日本放送創立70周年のテーマである“SDGs”に取り組む企業を紹介していくというもので、そのレポーターに抜擢されたのがFANTASTICS from EXILE TRIBE(ファンタスティックス・フロム・エグザイル・トライブ)のリーダー佐藤大樹(さと...
SDGsを達成して、ハッピーな未来につなげたい / FANTASTICS from EXILE TRIBE 佐藤大樹さん(前編)
独自記事 【 2020/7/1 】 Voice
CBC(中部日本放送)テレビの情報ワイド番組『チャント!』」にて、7月より新コーナー『ワクワク!カンパニー!Do well by doing good!』がスタート。中部日本放送創立70周年のテーマである“SDGs”に取り組む企業を紹介していくというもので、そのレポーターに抜擢されたのがFANTASTICS from EXILE TRIBE(ファンタスティックス・フロム・エグザイル・トライブ)のリーダー佐藤大樹(さと...
地球温暖化問題についてもっと話して、アクションをしよう /環境アクティビスト 清水イアンさん(後編)
独自記事 【 2020/6/1 】 Voice
環境問題への意識が低いと言われる日本。清水イアン氏は、その解決策として「環境問題に強いメッセージを出せる政治家を期待したい」と話します。では、政治家ではない私たちは、環境に対してどのようなことができるのでしょうか。清水さんのこれからの取組みと合わせて、お話を伺いました。
地球温暖化問題についてもっと話して、アクションをしよう /環境アクティビスト 清水イアンさん(前編)
独自記事 【 2020/6/1 】 Voice
今回お話を伺ったのは、“環境アクティビスト”の清水イアンさん。人類の発展がサステナブルではなかった結果として生じている地球温暖化などの環境問題について取組まれています。現在の私たちの豊かな暮らしは、環境破壊のもとで成り立っているという事実と向き合うことの大切さ。そして改善に向けてどのようなアクションを起こしていけばよいのかなどについて、話してくださいました。
1 / 3123
Presented by imperfect
Presented by imperfect
プレスリリース
ご送付先
DOWELL編集部
(ethicaブランドスタジオ内)

TEL 03-3440-2440

FAX 03-6701-7607

Email dowell@transm.co.jp

次の記事

エシカルなライフスタイルを実践しSDGsを推進していく(後編)/ ファッションモデル・冨永愛さん 【Cover Story】シゴトでいいこと!アソビでいいこと!
生産者とブランドで紡ぐストーリー/マリエさんインタビュー(前編) 【Cover Story】わたしにいいこと。せかいにいいこと。

前の記事