きれいな街は、人の心もきれいに。地域にひろがるDoing good活動/NPO法人グリーンバード代表・福田圭祐さん(前編)
独自記事 【 2020/3/1 】 Action
「green bird(グリーンバード)」とは、“きれいな街は、人の心もきれいにする”をコンセプトに街のごみ拾い活動をおこなう団体です。2002年に原宿で生まれ育った数名の青年たちが活動をスタートし、翌年には、この活動をさらに広げるために法人化。現在その活動が日本各地はもちろん、海外まで広がりをみせています。その生い立ちや活動内容、将来のビジョンなどについて、代表を務める福田圭祐(ふくだ・けいすけ)さんにお話を伺いま...
国際女性デーに味わいたいハンドドリップコーヒー
sponsored 【 2020/3/1 】 Action
3月8日は、女性の社会的地位向上をめざして国連が制定した「国際女性デー」です。「imperfect表参道」で提供するシグネチャーブレンドのベースになっている豆は、女性主体で経営しているコーヒー農園をサポートするカフェ・デラスプロジェクトに参加する農園で生産されたもの。プロジェクトを通じて生産されたコーヒー豆を使用したブレンドコーヒーを「imperfect表参道」ではバリスタが丁寧に淹れたハンドドリップで味わうことがで...
100年先まで受け継がれる服を。カジュアル・ウェアブランド「45R(フォーティファイブ・アール)」
独自記事 【 2020/3/1 】 Ethical on omotesando
「DOWELL Magazine」の7つのカテゴリのうちのひとつ「Ethical on omotesando」は、東京・表参道を中心に、社会的価値や環境価値の高い取り組みを紹介するカテゴリです。今回は、日本のみならずアメリカなど世界中で愛されるカジュアル・ウェアブランド「45R(フォーティファイブ・アール)」と、その旗艦店である「Badou-R(バドウ・アール)」をご紹介します。(記者・ヒカリ)
【3月8日は国際女性デー】女性の生き方を考える日 オンライン国際女性デー|HAPPY WOMAN ONLINE FESTA 2020
INFORMATION 【 2020/3/1 】 Event
「女性のエンパワーメント推進と社会活性化」及び「SDGs(持続可能な開発目標)推進」を目的としたHAPPY WOMAN実行委員会は、国連が制定している3月8日の「国際女性デー」を日本の新たな文化として定着させ、女性が生き生きと生きられる社会を実現すべく、2017年より『国際女性デー|HAPPY WOMAN FESTA』をスタート。2019年度は全国12都市にて同時開催し、約3万5000名の来場となりました。さて、4年...
アフリカの雄大な自然からインスピレーションを受けたデザイン/ andu amet(アンドゥアメット)・鮫島弘子さん(後編)
独自記事 【 2020/2/1 】 Voice
絹のようなしなやかさと羽のような軽さがありながら、丈夫さも併せ持った世界最高峰の羊皮「エチオピアシープスキン」を使ったラグジュアリーなレザーブランドが「アンドゥアメット」です。アフリカの雄大な自然にインスピレーションを受けたという独創性の高いオシャレなデザイン、そして、触れた瞬間幸せになってしまう極上の感触に魅せられている人も多いことでしょう。 前編に続き、アンドゥアメットを立ち上げた鮫島弘子さんに起業からここまでの...
アフリカの雄大な自然からインスピレーションを受けたデザイン/ andu amet(アンドゥアメット)・鮫島弘子さん(前編)
独自記事 【 2020/2/1 】 Voice
絹のようなしなやかさと羽のような軽さがありながら、丈夫さも併せ持った世界最高峰の羊皮「エチオピアシープスキン」を使ったラグジュアリーなレザーブランド、「アンドゥアメット」。アフリカの雄大な自然にインスピレーションを受けたという独創性の高いオシャレなデザイン、そして、触れた瞬間幸せになってしまう極上の感触に魅せられている人も多いことでしょう。 今回はそのアンドゥアメットを立ち上げた鮫島弘子さんに起業からここまでの歩みや...
コーヒーを通じて「Do well by doing good.」 /イパネマ農園・宮川直也さん(後編)
独自記事 【 2020/2/1 】 Action
日本でもコーヒーは日常生活に馴染みのある飲み物になっていますが、ブラジルが世界の主要なコーヒー豆の産地であることは知っていても、そのコーヒー豆が誰によって、どのように作られているのかをご存知の方は少ないのではないでしょうか。 宮川直也さんは、コーヒー大国ブラジルでも最大級の農園であり、50年の歴史を持つイパネマ農園で長年コーヒーづくりに携わってこられました。前編に続き、そんな宮川さんにイパネマ農園の様子やこれまでのご...
コーヒーを通じて「Do well by doing good.」 /イパネマ農園・宮川直也さん(前編)
独自記事 【 2020/2/1 】 Action
日本でもコーヒーは日常生活に馴染みのある飲み物になっていますが、ブラジルが世界の主要なコーヒー豆の産地であることは知っていても、そのコーヒー豆が誰によって、どのように作られているのかをご存知の方は少ないのではないでしょうか。 宮川直也さんは、コーヒー大国ブラジルでも最大級の農園であり、50年の歴史を持つイパネマ農園で長年コーヒーづくりに携わってこられました。今回はそんな宮川さんにイパネマ農園の様子やこれまでのご経験、...
8 / 13«...789...»
Presented by imperfect
Presented by imperfect
プレスリリース
ご送付先
DOWELL編集部
(ethicaブランドスタジオ内)

TEL 03-3440-2440

FAX 03-6701-7607

Email dowell@transm.co.jp

次の記事

“余剰生地”からサステナブルなドレスをデザイン!(前編) /デザイナー・アーティスト・篠原ともえさん 【Cover Story】世界と社会をよくする時代へ!
令和時代のウェブマガジン「DOWELL」創刊!〜いいことをして、この世界をよくしていこう。〜

前の記事