Do well by doing good. Action:FANTASTICS from EXILE TRIBE 佐藤大樹さん 『“届けよう、服のチカラ”プロジェクト』で難民の子どもたちに笑顔を【後編】 /株式会社ファーストリテイリング サステナビリティ部 シェルバ英子さん
独自記事 【 2020/8/1 】 Action
FANTASTICS from EXILE TRIBEの佐藤大樹さん、堀夏喜さんが、Do well by doing good. いいことをして世界と社会をよくしていこう!という活動に取り組む企業、団体を訪問してお話を伺っていく連載コーナー「Do well by doing good. Action」!今回は佐藤大樹さんが、ユニクロが6月に東京・銀座にオープンした日本最大級の旗艦店「UNIQLO TOKYO」を訪問。...
Do well by doing good. Action:FANTASTICS from EXILE TRIBE 佐藤大樹さん 『“届けよう、服のチカラ”プロジェクト』で難民の子どもたちに笑顔を【前編】 /株式会社ファーストリテイリング サステナビリティ部 シェルバ英子さん
独自記事 【 2020/8/1 】 Action
今月より、FANTASTICS from EXILE TRIBEの佐藤大樹さん、堀夏喜さんが、Do well by doing good. いいことをして世界と社会をよくしていこう!という活動に取り組む企業、団体を訪問してお話を伺っていく連載コーナーがスタート!今回は佐藤大樹さんが、ユニクロが6月に東京・銀座にオープンした日本最大級の旗艦店「UNIQLO TOKYO」を訪問。ユニクロのサステナブルな活動がわかりやすく...
(第4話)食品ロスを減らそう! ジェラートレシピ/門倉多仁亜
独自記事 【 2020/8/1 】 Food
今年の夏も日本は記録的な大雨に見舞われ、被害は広範囲に及んでいます。そこで思い出されるのは、去年の12月にスペインのマドリードで開催されたCOP25で、ドイツの環境NGO”ジャーマンウオッチ”が発表した「グローバル気候リスク指数2020」(※注1)。この、2018年に世界で最も気候変動によって被害を受けた国のランキングによれば、トップに立ったのが日本。この年、日本は夏の猛暑や豪雨、そして台風に見舞われたためランキング...
ソーシャルグッドが加速する時代の“よいデザイン”「imperfect表参道」のパッケージが世界的デザインアワード「D&AD 2020」でWOOD PENCILを受賞!/デザイナー木住野彰悟さん×詩人黒川隆介さん対談
独自記事 【 2020/8/1 】 Information
クリエイティブ業界の世界的アワード「D&AD 2020」。この映えあるアワードのブランディング部門で、「imperfect表参道」のパッケージがWOOD PENCILを受賞しました。デザインに求められるものが変わりつつある現在、サステナブル時代のデザインはどうあるべきなのか。パッケージをデザインしたグラフィックデザイナーの木住野彰悟さんに、コピーを担当した詩人の黒川隆介さんがお話を伺いました。
SDGsを達成して、ハッピーな未来につなげたい / FANTASTICS from EXILE TRIBE 佐藤大樹さん(後編)
独自記事 【 2020/7/1 】 Voice
CBC(中部日本放送)テレビの情報ワイド番組『チャント!』」にて、7月より新コーナー『ワクワク!カンパニー!Do well by doing good!』がスタート。中部日本放送創立70周年のテーマである“SDGs”に取り組む企業を紹介していくというもので、そのレポーターに抜擢されたのがFANTASTICS from EXILE TRIBE(ファンタスティックス・フロム・エグザイル・トライブ)のリーダー佐藤大樹(さと...
SDGsを達成して、ハッピーな未来につなげたい / FANTASTICS from EXILE TRIBE 佐藤大樹さん(前編)
独自記事 【 2020/7/1 】 Voice
CBC(中部日本放送)テレビの情報ワイド番組『チャント!』」にて、7月より新コーナー『ワクワク!カンパニー!Do well by doing good!』がスタート。中部日本放送創立70周年のテーマである“SDGs”に取り組む企業を紹介していくというもので、そのレポーターに抜擢されたのがFANTASTICS from EXILE TRIBE(ファンタスティックス・フロム・エグザイル・トライブ)のリーダー佐藤大樹(さと...
激変する未来。ESG思考ってどういうこと? / 『ESG思考』(講談社+α新書)著者・夫馬賢治さん【後編】
独自記事 【 2020/7/1 】 Action
「変わることがわかっているのであれば、変化に対応するための布石を打っていかなければならない」と、「ニュー資本主義」と「ESG思考」の重要性を説く、株式会社ニューラル代表取締役CEOの夫馬(ふま)賢治さん。夫馬さんの関心は、政府のあり方や今後の農業などにも幅広く及んでいきます。前編に続き、後編ではそれぞれのテーマについてお話をうかがいながら、未来のために私たちは何をするべきなのか、考えていきます。
激変する未来。ESG思考ってどういうこと? / 『ESG思考』(講談社+α新書)著者・夫馬賢治さん【前編】
独自記事 【 2020/7/1 】 Action
投資や経営の分野で「ESG」という言葉を耳にすることが多くなりました。これは、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の頭文字を取ったもので、投資の際に企業価値を評価する指標として重視されています。ESGの意識が高い企業に投資する「ESG投資」も拡大している中、長期的な視野の重要性を説く著書『ESG思考』(講談社+α新書)を上梓されたのが、株式会社ニューラルの代表取締役...
2 / 10123...8...»
Presented by imperfect
Presented by imperfect
プレスリリース
ご送付先
DOWELL編集部
(ethicaブランドスタジオ内)

TEL 03-3440-2440

FAX 03-6701-7607

Email dowell@transm.co.jp

次の記事

エシカルなライフスタイルを実践しSDGsを推進していく(後編)/ ファッションモデル・冨永愛さん 【Cover Story】シゴトでいいこと!アソビでいいこと!
令和時代のウェブマガジン「DOWELL」創刊!〜いいことをして、この世界をよくしていこう。〜

前の記事