「ふくしま逢瀬ワイナリー」のポップアップストア imperfect表参道にて新年1月5日までの期間限定で開催中
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
「ふくしま逢瀬ワイナリー」のポップアップストア imperfect表参道にて新年1月5日までの期間限定で開催中

12月号の特集でご紹介した「ふくしま逢瀬ワイナリー」のワインやリキュールが、新年1月5日までの期間限定でimperfect表参道で味わうことができます!(記事はこちら:https://www.dowellmag.com/48061/

本ポップアップストアでは、グラス一杯650円〜でお楽しみいただけます。ホットカクテルもあり、凍えるような寒い冬の日にいただくと、身体の芯から温まる、格別なものですよ。(記者・リリコ)

ふくしま逢瀬ワイナリー

今回ご紹介する「ふくしま逢瀬ワイナリー」は、果物の生産から加工、販売までを一連で手掛け、果樹農園の6次産業化に向け、新たな事業モデルで運営されています。「フルーツ王国・福島県の美味しい桃や梨、林檎の可能性を広げ、新たにワイン用葡萄の栽培に挑戦する農家を応援したい」と農産物や地元ブランドの付加価値を高める取り組みを行い、3.11の災害による風評被害に苦しむ福島県内の果樹農園と一丸となった活動がなされています。

ポップアップストアでどんなお酒がのめるの?

ふくしま逢瀬ワイナリーではワイン、ブランデー、リキュールの3種類のお酒が造られています。その中で今回のポップアップストアに並ぶのは、リンゴのスパークリングワイン「シードル2016」、会津産ブドウのロゼのスパークリングワイン「マスカット・ベリーA ロゼ2019」、他にもブランデーをベースにして造っているリキュール3種、モモの「OUSE Peche」、ナシの「OUSE Poire Japonaise」とリンゴの「OUSE Pomme」です。

シードルはリンゴもブドウのようにその年々で味わいが異なるということをお客様に伝えたい、という思いからビンテージとして販売され、今回は2016年のシードルがお楽しみいただけます。12月に発売されたばかりのロゼは、会津盆地が生み出す大きな寒暖差によりうま味のつまったマスカット・ベリーAとスチューベンを使い低温発酵したものです。モモとナシとリンゴのリキュールは、それぞれのブランデーに、それぞれの果汁を加えており、果物そのものの甘さを味わえる商品です。ロックでもストレートでもお楽しみいただけますが、今回はソーダ割りと紅茶割り(温・冷)で提供されています。

香りがよくそれぞれの楽しみかたができますが、その中でもリンゴのリキュール「OUSE Pomme」は、昨年7月にイギリスで開催された世界で最も権威あるお酒のコンクールの1つであるInternational Wine & Spirit Competitionでリンゴリキュールの中では最高得点を受け、銀賞を受賞しています。

imperfect表参道ならではの楽しみかたも

店内には試飲コーナーもあり、「シードル2016」、「マスカット・ベリーA ロゼ2019」をお試しいただくことができます。

どちらもすっきりと飲みやすく、福島県産のリンゴ「ふじ」を100%使用した「シードル2016」は、リンゴの芳醇な甘味と酸味のバランスがよく、爽やかな香りが広がります。「マスカット・ベリーA ロゼ2019」は泡が心地よく、フレッシュで甘いベリー系の香りがしました。

販売は同潤館のコーヒースタンドでされています。

「シードル2016」と「りんごのリキュール」の紅茶割りの人気が高いそうで、私は店員さんイチオシの「リンゴリキュールの紅茶割り」のホットを注文しました。一口飲んで、リンゴのリキュールと紅茶の馴染みの良さにびっくり。全くぶつかり合うことなくそれぞれを引き立て合っていました。逢瀬ワイナリーもオススメするこちらの飲み方は、紅茶のちょうど良い濃度の試行錯誤がなされ、ベストなものが提供されています。

こちらのリキュールはそのまま食べてもおいしい桃や梨を発酵させてお酒にして、それを蒸留してブランデーを造り、そこからリキュールにしているそうです。特に桃や梨は、みずみずしさの風味をリキュールで表現することはとっても難しいことで、そのままを味わってほしいからとソーダ割りをオススメされました。

また、imperfect表参道のナッツとのベストな組み合わせがそれぞれの飲み方ごとにあるそうで、ご提案してくださいました。ぜひ、店員さんに聞いてみてください。楽しさと美味しさが倍増します!

いまだに3.11の災害の風評被害に苦しめられている、福島の果樹農家の方々のお話を耳にし、復興への応援の気持ちはもちろんありますが、それ以上にワインやリキュールは「おいしい」もので、福島の豊かさ堪能することができました。バックボーンを知ったのちにワインやリキュールをいただくと、飲んだ時の幸福感に、厚みをもたらしてくれるように思います。

imperfect表参道は夜も21時まで営業しているので、お買い物やお食事の後に、ワインやリキュール片手に表参道の美しいイルミネーションを見上げながら小休憩するのも素敵です。寒い日に飲むリンゴのホットリキュールは、心も身体も芯からあたためてくれました。

いいことをして、この世界をよくしていこう。~ DOWELL(ドゥーウェル)~
www.dowellmag.com

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
「不完全な」この世界。だから、いいことをして世界と社会をよくしていこう。
sponsored 【 2019/7/1 】 Action
DOWELLへのプロローグ 私たちの生きる世界は「不完全」です。 そして、そうであるからこそ、人は完璧や究極を求めます。   では、無農薬栽培が正義で、減薬栽培は悪なのでしょうか? 審査会で100点を取ったコーヒーはおいしくて、90点のコーヒーはまずいのでしょうか? 果汁100%は本物で、果汁99%はニセモノ...
Presented by imperfect
Presented by imperfect
プレスリリース
ご送付先
DOWELL編集部
(ethicaブランドスタジオ内)

TEL 03-3440-2440

FAX 03-6701-7607

Email dowell@transm.co.jp

次の記事

バレンタイン限定!ハーモニーを楽しむ「デュエットショコラ」imperfect表参道にて1月15日~2月14日まで限定販売 そして、小田急新宿本館店「2020年ショコラ×ショコラ」にも出店が決定 1月25日~2月14日まで小田急新宿本館11階にて限定販売
都会的なサステナブルライフを提案するセレクトショップ「CASA FLINE(カーサ・フライン)」の哲学

前の記事