• ethicaブランドスタジオ
    (記者)
    「DOWELL magazine」編集部は、“私によくて、世界にイイ。”をコンセプトに掲げるwebマガジン「ethica(エシカ)」に設立されたブランドスタジオにより運営されています。
    編集部では、個人・法人を問わず、サステナブルな社会に向けた活動・事業に関する皆様からの情報をお待ちしております。あなたの行動で世界をよくする場づくりについてのご相談などもお気軽に。
    また「DOWELL magazine」を一緒につくりあげてくださるスタッフ(編集者、ライター、カメラマン、デザイナー)も随時募集しています。
    ご興味のある方は、下記へご連絡ください。

    DOWELL magazine編集部(株式会社トランスメディア ethicaブランドスタジオ内)
    TEL : 03-3440-2440
    FAX : 03-6701-7607
    Email : dowell@transm.co.jp
スマイルの力で世界を変える 『スマイル アフリカ プロジェクト』とは/スポーツキャスター・マラソン解説者 高橋尚子さん【後編】
独自記事 【 2020/5/1 】 Action
アフリカ・ケニアなどの途上国の子どもたちへシューズを贈る『スマイル アフリカ プロジェクト』。シドニー五輪女子マラソンの金メダリスト・高橋尚子さんが11年にわたって尽力されてきたこのプロジェクトも、2020年3月で、いったん休止を迎えました。そこで、高橋さんのプロジェクトへの思いと現在の気持ち、そしてご自身が取組まれてきたさまざまな活動について、お話を伺いました。
スマイルの力で世界を変える 『スマイル アフリカ プロジェクト』とは/スポーツキャスター・マラソン解説者 高橋尚子さん【前編】
独自記事 【 2020/5/1 】 Action
日本の子どもたちから履けなくなった中古のシューズを回収し、アフリカ・ケニアなどの途上国で、裸足や裸足に近い状態の生活を余儀なくされている子どもたちへ贈り続けてきた『スマイル アフリカ プロジェクト』。このプロジェクトの立ち上げから尽力されてきたのが、シドニー五輪女子マラソンの金メダリスト・高橋尚子さん。笑顔が素敵な“Qちゃん”が、たくさんの子どもたちに“笑顔”を届け続けてきたお話を伺いました。
“森をつくる”アグロフォレストリー農法で、カカオを育てる/株式会社 明治 カカオ開発部 佐久間悠介さん(後編)
独自記事 【 2020/5/1 】 Action
ブラジル北部の「トメアスー」地域で、“森をつくる農業”といわれる「アグロフォレストリー農法」によって生産される高品質のカカオ。そのカカオを使って、株式会社 明治では『meijiアグロフォレストリー チョコレート』という商品をつくっています。では、「Do well by doing good.」活動のひとつとも言えるこの取組みから生まれたチョコレートは一般的なチョコレートとは何が違うのでしょうか。そしてまた、世界にどの...
“森をつくる”アグロフォレストリー農法で、カカオを育てる/株式会社 明治 カカオ開発部 佐久間悠介さん(前編)
独自記事 【 2020/5/1 】 Action
ブラジル北部に「トメアスー」という地域があります。ここでは、“森をつくる農業”といわれる「アグロフォレストリー農法」によって高品質のカカオが栽培されています。そのカカオを使って『meijiアグロフォレストリー チョコレート』という商品をつくっているのが、株式会社 明治です。この商品のコピーは“森の生態系を考えて作ったら、美味しいカカオになりました”。生態系を保全しつつチョコレートをつくろうという取組みは、まさに「Do...
(第1話)世界のお母さんのおやつレシピ/門倉多仁亜
独自記事 【 2020/5/1 】 Food
初めまして。このたび、6回の連載を担当することになりました、門倉多仁亜(かどくら・たにあ)と言います。少しだけ自己紹介をさせてください。私は日本人の父とドイツ人の母の間に日本で生まれました。家の事情で子供の頃にドイツやアメリカに暮らす時期もありました。色々な国で様々な人々の暮らし方を垣間見る中で、うちってみんなの家と違うな~と、子供ながらに気づかされる場面がたくさんありました。悩むこともありましたが、でもそれよりも大...
「ゴミを出さない経済循環」のために、企業の意識を変えていきたい。一般社団法人530 代表 中村元気さん
独自記事 【 2020/5/1 】 Information
東京・渋谷を拠点に、起業家と活動家が集まって、ゴミを出さない「0 waste(ゼロウェイスト)」な暮らしを考えるコミュニティが「530(ゴミゼロ)」です。 ただ、「ゴミを出さない」と言っても、現実的にはなかなか実践は難しいもの。「530」は、どのような方法で実現を目指しているのか、その取組みについて、代表の中村元気さんにお話を伺いました。
みんなの「おいしい」が、だれかの「うれしい」に。 消費を投資につなげる「食のよいサイクル」づくり imperfect株式会社 浦野正義さん(後編)
sponsored 【 2020/4/1 】 Action
DOWELL4月号のテーマは「消費という投資 私たちにできること」。DOWELLが創刊からご紹介してきたimperfect株式会社の「Do well by doing good.活動」はまさにテーマにマッチした活動といえるでしょう。消費を投資に変える「食のよいサイクル」の狙いはどこに…?imperfect株式会社の浦野正義社長に前編に引き続きお話を伺います。
みんなの「おいしい」が、だれかの「うれしい」に。 消費を投資につなげる「食のよいサイクル」づくり imperfect株式会社 浦野正義さん(中編)
sponsored 【 2020/4/1 】 Action
DOWELL4月号のテーマは「消費という投資 私たちにできること」。DOWELLが創刊からご紹介してきたimperfect株式会社の「Do well by doing good.活動」はまさにテーマにマッチした活動といえるでしょう。消費を投資に変える「食のよいサイクル」の狙いはどこに…?imperfect株式会社の浦野正義社長に前編に引き続きお話を伺います。
1 / 7123...»
Presented by imperfect
Presented by imperfect
プレスリリース
ご送付先
DOWELL編集部
(ethicaブランドスタジオ内)

TEL 03-3440-2440

FAX 03-6701-7607

Email dowell@transm.co.jp