imperfect表参道の期間限定ドリンク「カカオチャイ」を先行体験。
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
imperfect表参道の期間限定ドリンク「カカオチャイ」を先行体験。

みなさんは普段何気なく飲んでいるコーヒーやチャイの生産の現場に思いを寄せたことはありますか?

『あなたの「おいしい」を、だれかの「うれしい」に』というコンセプトの謎を解きに、ウェルフードマーケット&カフェ「imperfect表参道」でのカカオチャイ体験をレポートしていきます。(記者・リリコ)

「imperfect表参道」へ

表参道駅を上がると、ケヤキ並木の木漏れ日がキラキラと眩しい。まだ暑さが残るこの時期でも、気持ちのよい風がまっすぐに抜けた大通りを流れています。少し歩くと、表参道ヒルズ同潤館の一階にウェルフードマーケット&カフェ「imperfect表参道」が見えてきます。

ガラス張りの店内を覗くと、天井の高い開放的な空間で、温かみのあるカラフルな小物や壁の絵が目に飛び込んできました。一見するとお洒落なセレクトショップのような落ち着いた雰囲気です。

お店のコンセプトは『あなたの「おいしい」を、だれかの「うれしい」に』。生活者の「食の喜び」を通じて、生産者である「農家の自立」を支援する活動に取り組み、生活者と生産者の距離を縮め、生産現場に存在する様々な社会課題の解決に無理なく参加できるサイクルを生み出すことを目指しています。

販売されている、ナッツやチョコレート、アイスクリームは、このような社会的・環境的価値の高い取り組みを通じて生産された素材が使われていて、このお店ならではのおいしさを感じられるそう。

今回、そんな商品の中から私が体験するのは、ここ「imperfect表参道」で9月14日より期間限定で販売される「カカオチャイ」(ICE・HOT 700円)※税抜。

ウキウキしながら、店内の奥、ドリンクを提供するCoffee Standへ。

いざ、「カカオチャイ」を実飲

こちらのコーナーは、暖かな色味の照明でほっこりする空間。ここでは主にコーヒーを始めとするドリンクを提供しています。壁をよく見ると、コーヒー豆が埋め込まれていました。隠れミッキーを見つけたような嬉しい気持ちに。

「カカオチャイ」は、ホットとアイスから選ぶことができます。今回は特別に、二つとも。注文すると、お会計した際に小さなチップをいただきました。

店員さんが丁寧に淹れてくれた「カカオチャイ」を手に取ると、最後にトッピングしていただいたシナモンのほのかな香りが。口にすると、カルダモン由来のオリエンタルなスパイス感があり、お店で抽出してあるこだわりの茶葉はしっかりと層を感じる厚みのある味わいです。普段からチャイが大好きな筆者ですが、こちらのチャイはかなり本格派。飲みやすいのに甘すぎず、後味にほんのり残るチョコの風味が優しく、印象的でした。アイスはごくっと飲みやすく、ホットはゆっくり、ほっとしたい時に。

“わたし”の「おいしい」が、だれかの「うれしい」につながる体験

こちらの「カカオチャイ」を10席ほどある店内のカウンターでいただきました。カウンターの奥には三つのプロジェクトテーマが描かれたボックスが設置してあります。

「環境」「教育」「平等」の三つの問題に対するアプローチが書かれてありました。購入した時にいただいたチップをこの三つの中の最も関心の高い問題のBOXに入れることができ、一定の票数を獲得したテーマから取り組まれていく、というシステムです。

私も実際にどの問題に投票しようか悩み、生産者の方々に思いを寄せ、このカカオチャイにどれだけの方々が関わってくださったんだろう、と想像しながら選んできました。

ほんの何気ないこの一瞬、生産者の方々の手の仕事があって今飲んでいるこの「カカオチャイ」があるということ、これまで少し遠かった大きな社会問題が、自分の身近な生活の中に繋がっているという至極当たり前のことを実感することができました。

お店「imperfect」のロゴには、右下に少し欠けがあります。先ほど商品を購入した際にもらったチップは、ロゴの欠けた部分にぴったりはまる形でした。不完全が、私たちの手で完全に少し近づくような体感がある幸せ。

『あなたの「おいしい」を、だれかの「うれしい」に』。

口の中に残るチャイのスパイシーな香りとカカオの風味を味わいながら、そのサイクルの中に自分が入れたことになんとも言えない嬉しさ感じた、そんなひとときでした。

 

「カカオチャイ(CACAO CHAI)」(ICE・HOT):700円(税抜)

2019/9/14(土)~10/31(木)期間限定販売

いいことをして、この世界をよくしていこう。~ DOWELL(ドゥーウェル)~
www.dowellmag.com

ethicaブランドスタジオ

「不完全な」この世界。だから、いいことをして世界と社会をよくしていこう。
sponsored 【 2019/7/1 】 Action
DOWELLへのプロローグ 私たちの生きる世界は「不完全」です。 そして、そうであるからこそ、人は完璧や究極を求めます。   では、無農薬栽培が正義で、減薬栽培は悪なのでしょうか? 審査会で100点を取ったコーヒーはおいしくて、90点のコーヒーはまずいのでしょうか? 果汁100%は本物で、果汁99%はニセモノ...
Presented by imperfect
Presented by imperfect
プレスリリース
ご送付先
DOWELL編集部
(ethicaブランドスタジオ内)

TEL 03-3440-2440

FAX 03-6701-7607

Email dowell@transm.co.jp

次の記事

VOGUE FASHION’S NIGHT OUT 2019@imperfect表参道 9/14(Sat)世界最大級のファッションの祭典@表参道・青山・原宿エリア
令和時代のウェブマガジン「DOWELL」創刊!〜いいことをして、この世界をよくしていこう。〜

前の記事