VOGUE FASHION’s NIGHT OUT from imperfect
イベント
このエントリーをはてなブックマークに追加
VOGUE FASHION’s NIGHT OUT from imperfect

世界中のファッショニスタから支持されるファッション誌「VOGUE」による一夜限りのファッションの祭典「VOGUE FASHION’s NIGHTOUT (FNO)」。今年も9月14日に表参道ヒルズで開催されました。 

今年のテーマは「ファッション × サステナビリティ」

当日はDOWELL編集部も「imperfect表参道」で出会った方たちへのファッションスナップを撮影!また、ファッションへのこだわりと普段から意識している「世界や社会にWell(よい)こと」をインタビューしました。 

(記者・ヒカリ)

ファッションスナップ&ミニインタビュー!

 1. 今日のファッションのポイントは?

 2. 普段、服やファッション小物を選ぶときに意識することは?

 3. あなたが行なっている「Do well by doing good (世界や社会にとってもWell(よい)こと)」は?

花柳のぞみさん(モデル)

 1. ピンク、グレー、ブラウンの3色で統一感を出しました。涼しくなってきたので、トップスに軽やかなニットを取り入れてみました。

2.今日のニット×シアー素材みたいに、ちょっと個性的なデザインのものが好きです。あとは最低でも2〜3年、長く着られるデザインかというのもポイント。

3. ショッピングバッグにしても洋服にしても、普段からなるべく「捨てない」生活を意識しています。洋服は来年以降も着られるか、手に取る前に考えるようにしています。

(左から)ゆうなさん・マリナさん(服飾学生)

 1. キラキラした服が好きで、今年はピンクをテーマカラーにしました。

 2. 普段は、着心地とおしゃれを両立できるかを決め手にします。夏はほぼISSEY MIYAKEしか着てません。プリーツなのでシワにならなくて、旅行にも持って行き易いので。(ゆうなさん)

いくら安くても、安さだけで買うことはしないようにしています。自分が好きになれるかの感覚が一番大事。(マリナさん)

 3. モノが周りに多いのが好きじゃないです。大切なものだけが残るように、意識して生活してます。(マリナさん)

自分でも服を作るのですが、裏地には可能な限り土に還るキュプラを採用します。先日も盛岡のキュプラ工場に行って製造過程などを学んできました。今後の制作に生かしたいです。(ゆうなさん)

有美さん

1. 秋になったので、ブラウスは袖ありのものを。今日のFNOに合わせ、ヒールとゴールドのアクセサリーを取り入れました。

 2. 当たり前かもしれないけど、その時々で自分の着たいものを着ています。友人のブランドで選ぶことも多いです。必ず実物を見てから決めることは徹底してますね。

 3. 自分で猫を飼い始めてから、保護猫活動のことを知りました。手作りの猫の首輪を、保護猫活動のチャリティーのために販売している方がいらっしゃるので、その方のところで首輪を買いました。少しでも応援になればいいなと思って。

(左から)長野由希さん親子、伊藤瑞穂さん

 1. 秋らしいカーキ色のワンピースに、ソールが個性的なスニーカーをポイントにしました。(長野さん)

秋色を意識したコーディネートです。バッグは、初めて訪れたフランスで一目惚れして購入しました。(伊藤さん)

 2. 子どもと一緒に遊び回れるように、服はゆったりめ、足元はスニーカーやフラットシューズが基本。カジュアルな分、デザインや色味が面白いものを選んでいます。(長野さん)

スタイルがよく見えるシルエットかどうかで決めてます。(伊藤さん)

3.  エコバッグを使うようにしています。あと、子どもの服はお下がりを活用したり、サイズアウトしたものは、フリーマーケットに出品したりしています。(長野さん)

会社にはいつも、水筒を持参しています。(伊藤さん)

倉松すみれさん(モデル)

1. 黒のパンツをフォーマルに見せないように、靴でカジュアルダウンしました。

2. ブランドにはあまりこだわらず、華奢見えするシルエット重視で選んでいます。アレクサ・チャンが好きなので、彼女のスタイルを参考にすることも。

3. ビニール傘を増やさないように傘を携帯するように心がけています。あと、マイボトルを持ち歩くなど。マイボトルで好きなドリンクが飲めると、単純に気分も上がってハッピーになれますよね。

(左から)長岡裕太郎さん・武田知佳さん(学生)

1. 2人のニュアンスを合わせたくて、揃ってISSEY MIYAKEを取り入れたリンクコーデにしました。(長岡さん)

今季流行りのダークメイクがしたいなと思って。それにファッションを合わせました。(武田さん)

 2. 色が素敵なものに惹かれて選ぶことが多いです。(武田さん)

その時々で自分の流行色があることが多くて。この間まではグリーンがマイブームだったから、その色ばかり選んでました。あと古着やヴィンテージも好きですね。今日も祖父の形見の時計を、スタイルに取り入れてます。(長岡さん)

3. 僕たちはそれぞれ岩手と北海道出身なんですけど、自分の出身地の野菜を地産地消するように心がけてます。あと、昔からイタリアの職人による服が好きで、ブランドというよりは「どんな職人が作ったものなのか」を意識して選んでいます。(長岡さん)

園都さん

1. 服装がシンプルなので、赤いミュールをアクセントにしました。

 2. 今日みたいにシンプルな格好に色モノを加えるスタイルが多いです。よく使うのは赤やグリーンですね。ブラウスやレースなども好きでよく買います。

 3. エコバッグを使ってます。あと、着なくなった服を捨ててしまうのは勿体無い。出来るだけ職場の後輩など、人に譲るようにしています。

(左から)海野ナルさん(モデル)伊藤有紀さん(看護師)

 1. 普段から白が自分のテーマカラー。黒で引き締めてスタイル良く見せることを意識しました。(海野さん)

秋らしいアニマル柄のバッグをアクセントに投入しました。(伊藤さん)

 2. 背が高いと日本のブランドの丈がなかなか合わないので、海外ブランドで主に選んでいます。(海野さん)

普段はストリート系のスタイルが多く、強めのメイクやゴツめのアクセもよくしています。意識的に”強め”にみせると、相手に説得力を感じてもらえるので。(伊藤さん)

 3. マイボトルを持ち歩いています。ペットボトルを買うのは勿体ないし、なるべく環境や周りの人への負荷を減らしたいなと。(海野さん)

私もマイボトル派です。あと、最近はビオマルシェで見つけたエコラップを生活に取り入れ始めました!(伊藤さん)

DOWELLとして初のファッションスナップ企画、たくさんの方にご登場いただきました。皆さん、ありがとうございました!!

いいことをして、この世界をよくしていこう。~ DOWELL(ドゥーウェル)~
www.dowellmag.com

ethicaブランドスタジオ

「不完全な」この世界。だから、いいことをして世界と社会をよくしていこう。
sponsored 【 2019/7/1 】 Action
DOWELLへのプロローグ 私たちの生きる世界は「不完全」です。 そして、そうであるからこそ、人は完璧や究極を求めます。   では、無農薬栽培が正義で、減薬栽培は悪なのでしょうか? 審査会で100点を取ったコーヒーはおいしくて、90点のコーヒーはまずいのでしょうか? 果汁100%は本物で、果汁99%はニセモノ...
Presented by imperfect
Presented by imperfect
プレスリリース
ご送付先
DOWELL編集部
(ethicaブランドスタジオ内)

TEL 03-3440-2440

FAX 03-6701-7607

Email dowell@transm.co.jp

次の記事

imperfect表参道のナッツバターラテを飲んできた。by斉藤アリス【前編】
“ウェルフード”ってなんだろう? 世界の食と農に向き合うimperfect表参道。by斉藤アリス【後編】

前の記事