コーヒーを通じて「Do well by doing good.」 /イパネマ農園・宮川直也さん(前編)
独自記事 【 2020/2/1 】 Action
日本でもコーヒーは日常生活に馴染みのある飲み物になっていますが、ブラジルが世界の主要なコーヒー豆の産地であることは知っていても、そのコーヒー豆が誰によって、どのように作られているのかをご存知の方は少ないのではないでしょうか。 宮川直也さんは、コーヒー大国ブラジルでも最大級の農園であり、50年の歴史を持つイパネマ農園で長年コーヒーづくりに携わってこられました。今回はそんな宮川さんにイパネマ農園の様子やこれまでのご経験、...
福島県産ワインを通じて「Do well by doing good.」/佐々木宏さん、渡辺学さん
独自記事 【 2019/12/1 】 Action
今回は、地元の果物をふんだんに使用したワインやリキュールを製造する「ふくしま逢瀬ワイナリー」(福島県郡山市)の取り組みについてお伺いしました。 同ワイナリーは、「ふくしまワイナリープロジェクト」というプロジェクトのもと設立され、果物の生産から加工、販売までを一体的に運営する新たな事業モデルによって、農産物や地元ブランドの付加価値を高める取り組みを行ったり、震災による風評被害に苦しむ福島県内の果樹農家と手を携えた活動を...
カカオを通じて「Do well by doing good.」/折居拓磨さんインタビュー
独自記事 【 2019/11/1 】 Action
三菱商事グループの(株)MCアグリアライアンスで原材料のトレーディングに携わっている折居拓磨さん。現在はチョコレートの原材料となるカカオの調達をご担当されています。カカオ産業は、全世界で1,100億ドル規模の産業でありながら、貧困、児童労働、森林破壊、ジェンダー不平等といった様々な社会課題を抱えていると言われています。 今回はその折居さんに、お仕事を通じて目にしてこられた「食と農を取り巻く社会課題」や、日々のお仕事を...
「不完全な」この世界。だから、いいことをして世界と社会をよくしていこう。
sponsored 【 2019/7/1 】 Action
DOWELLへのプロローグ 私たちの生きる世界は「不完全」です。 そして、そうであるからこそ、人は完璧や究極を求めます。   では、無農薬栽培が正義で、減薬栽培は悪なのでしょうか? 審査会で100点を取ったコーヒーはおいしくて、90点のコーヒーはまずいのでしょうか? 果汁100%は本物で、果汁99%はニセモノなのでしょうか? 五つ星以外では、安心できませんか?   私たちの消費行動は、たびたび他人...
3 / 3123
Presented by imperfect
Presented by imperfect
プレスリリース
ご送付先
DOWELL編集部
(ethicaブランドスタジオ内)

TEL 03-3440-2440

FAX 03-6701-7607

Email dowell@transm.co.jp

次の記事

激変する未来。ESG思考ってどういうこと? / 『ESG思考』(講談社+α新書)著者・夫馬賢治さん【後編】 【特集企画】僕たちの未来のために。
おいしいチョコレートと熱帯の森をつくる取り組み プロジェクトテーマ-1【環境】 2万本の苗で森と生き物の命をまもろう!

前の記事