みんなの「おいしい」が、だれかの「うれしい」に。 消費を投資につなげる「食のよいサイクル」づくり imperfect株式会社 浦野正義さん(前編)
sponsored 【 2020/4/1 】 Action
DOWELL4月号のテーマは「消費という投資 私たちにできること」。DOWELLが創刊からご紹介してきたimperfect株式会社の「Do well by doing good.活動」はまさにテーマにマッチした活動です。生活者の投票が生産者の自立支援に繋がるこの活動ですが、2020年3月をもって、第1期の取り組みを終了します。この一区切りのタイミングで、imperfect株式会社の浦野正義社長にお話を伺いました。
初めてのお給料は自分のために?社会のために?(後編)
独自記事 【 2020/4/1 】 Voice
働き方改革やリモートワークなど、大きな転換期を迎えつつあるワークスタイル。そのような時代にキャリアをスタートさせる新社会人の消費に対する意識はどのようなものなのでしょうか?そこでDOWELL編集部は、4月号のテーマである「消費という投資」を掲げた座談会を実施(※)。前編に続き、新社会人となる学生の方を招き、消費について語っていただきました。 (※)座談会は入社前の3月上旬に開催しています。
初めてのお給料は自分のために?社会のために?(前編)
独自記事 【 2020/4/1 】 Voice
働き方改革やリモートワークなど、大きな転換期を迎えつつあるワークスタイル。そのような時代にキャリアをスタートさせる新社会人の消費に対する意識はどのようなものなのでしょうか?そこでDOWELL編集部は、4月号のテーマである「消費という投資」を掲げた座談会を実施(※)。新社会人となる学生の方を招き、消費について語っていただきました。 (※)座談会は入社前の3月上旬に開催しています。
家庭科でエシカルファッション!ひろがる意識改革!/お茶の水女子大学附属高校教諭・葭内ありささん(後編)
独自記事 【 2020/3/1 】 Voice
お茶の水女子大学附属高校で家庭科を担当している葭内(よしうち)ありさ先生は、衣食住に留まらず生活に関わる広い分野で、「エシカルファッション」の教育実践など独自の手法を用いて、生徒たちの「エシカル・マインド」の醸成に努めています。 前編に続き、その葭内先生に教育に懸ける想いやこれからの夢などを伺いました。
家庭科でエシカルファッション!ひろがる意識改革!/お茶の水女子大学附属高校教諭・葭内ありささん(前編)
独自記事 【 2020/3/1 】 Voice
お茶の水女子大学附属高校で家庭科を担当している葭内(よしうち)ありさ先生は、衣食住に留まらず生活に関わる広い分野で、「エシカルファッション」の教育実践など独自の手法を用いて、生徒たちの「エシカル・マインド」の醸成に努めています。 今回はその葭内先生に、教育に懸ける想いやこれからの夢などを伺いました。
きれいな街は、人の心もきれいに。地域にひろがるDoing good活動/NPO法人グリーンバード代表・福田圭祐さん(後編)
独自記事 【 2020/3/1 】 Action
「green bird(グリーンバード)」とは、“きれいな街は、人の心もきれいにする”をコンセプトに街のごみ拾い活動をおこなう団体です。2002年に原宿で生まれ育った数名の青年たちが活動をスタートし、翌年には、この活動をさらに広げるために法人化。現在その活動が日本各地はもちろん、海外まで広がりをみせています。前編に続き、その生い立ちや活動内容、将来のビジョンなどについて、代表を務める福田圭祐(ふくだ・けいすけ)さんに...
きれいな街は、人の心もきれいに。地域にひろがるDoing good活動/NPO法人グリーンバード代表・福田圭祐さん(前編)
独自記事 【 2020/3/1 】 Action
「green bird(グリーンバード)」とは、“きれいな街は、人の心もきれいにする”をコンセプトに街のごみ拾い活動をおこなう団体です。2002年に原宿で生まれ育った数名の青年たちが活動をスタートし、翌年には、この活動をさらに広げるために法人化。現在その活動が日本各地はもちろん、海外まで広がりをみせています。その生い立ちや活動内容、将来のビジョンなどについて、代表を務める福田圭祐(ふくだ・けいすけ)さんにお話を伺いま...
5 / 10«...456...8...»
Presented by imperfect
Presented by imperfect
プレスリリース
ご送付先
DOWELL編集部
(ethicaブランドスタジオ内)

TEL 03-3440-2440

FAX 03-6701-7607

Email dowell@transm.co.jp

次の記事

エシカルなライフスタイルを実践しSDGsを推進していく(後編)/ ファッションモデル・冨永愛さん 【Cover Story】シゴトでいいこと!アソビでいいこと!
令和時代のウェブマガジン「DOWELL」創刊!〜いいことをして、この世界をよくしていこう。〜

前の記事